関節可動域

自動介助運動によるROMを考える

今回は自動介助運動によるROM(Renge of motion)について考えてみたいと思います。

自動介助運動では筋力が不十分な方の運動の補助をしますが、対象者が動かしやすい方にただ一緒に動かすということでは必要な筋力を獲得できません。

対象者の運動を邪魔しないことはもちろんですが、必要な筋が働きやすいように適切な介助量で正しい運動を誘導する必要があります。

自動介助運動は自動運動に向かうために有効な手段になりますので、効果的に使用できるようになると評価・治療の幅が広がります。

自動介助運動とは

ROM(関節可動域)とは身体の各関節が運動を行う際の生理的な運動範囲のことです。

各関節で正常な運動範囲が決まっており、測定は角度計を用いて5°刻みで行います。

その中で自動介助運動とは対象者が関節運動を行う際に、療法士が補助しながら一緒に動かす方法になります。

自動介助運動の目的

①評価

  • 重力を除去した状態で対象者が動かせる関節可動域の範囲を測定
  • 固有感覚の評価

②治療

  • 筋力強化
  • 自動運動での可動域拡大
  • 軟部組織(皮膚、筋、靭帯、腱)の柔軟性改善
  • 固有感覚の改善

自動介助運動の適応

①評価

  • 他動運動で動く範囲を動かせない方
  • 固有感覚鈍麻による随意運動の低下がある方

②治療

  • 術後や弛緩麻痺など筋力が不十分な方(MMT1~3レベル
  • 固有感覚鈍麻により関節を動かす感覚がつかめない方

自動介助運動の注意点

  • 代償運動に注意して正しく運動を誘導する
  • 運動を妨げないように介助する
  • 過介助にならないように介助量を調節する



自動介助運動のポイント

自動介助運動では自動運動につなげるための筋力や固有感覚の評価・治療が中心になるかと思います。

強化したい筋を明確にする

筋力が不十分な状態では強い筋肉が無意識に補おうとするので、代償運動が起こりやすくなります。

そのため、鍛えたい筋肉を明確にして運動を実施することで弱い筋肉を効率的に鍛えることが重要です。

注意点

  • 特に運動開始時、切り替え時、重力下でゆっくり運動を誘導する
  • 姿勢が崩れないように運動を誘導する

固有感覚へアプローチする

重度の弛緩麻痺では手足を意識的に動かすことが難しい場合が多く、固有感覚からアプローチして神経伝達を活性化することが有効になります。

固有感覚は筋肉がより伸縮する回旋運動で活性化されやすいと言われています。

注意点

  • 過剰努力にならないように感覚を確かめながら誘導する
  • 運動誘導時に内部モデル(独自の感覚や健側との比較)を共有する