関節可動域

関節可動域訓練はICFで目的を明確に!?

今回は関節可動域訓練で効果を上げるために「ICF(国際機能分類)を活用しましょう」というお話です。

私は関節可動域訓練のような基本技術とICFを車の両輪のように考えています。

いくら技術があっても問題の原因を間違えると改善が難しいですし、問題を明確にできても技術が不足していると改善は難しいです。

問題を明確にするための知識と問題を解決するための技術の両方が向上するように自己研鑽することが望ましいかと思います。

ICFについて

ICFとは

ICFとは2001年にWHO(世界保健機関)が提唱した、国際機能分類(International Classification of Functioning ,Disability and Health)の略称です。

健康状態、心身機能、障害の状態を相互影響関係および独立項目として分類し、当事者の視点による生活の包括的・中心的記述をねらいにする医療基準のことです。

「人が生きる」ことを

  1. 生命レベル = 心身機能、身体構造
  2. 生活レベル = 活動
  3. 人生レベル = 参加

上記の3つのレベルとそれらに影響を与える個人因子環境因子なども含め、総合的に捉えようと提案しています。

全体像の把握はICFを活用することが望ましいですが、時間の制約などを理由に問題点のみで短絡的に評価していることが多いように思います。

各項目について

健康状態(変調または病気)

  • 病気
  • 外傷
  • 全身状態(肥満、加齢など)
  • ストレス状態(不眠、便秘など)

心身機能・身体構造(生命レベル)

  • 筋力
  • 関節可動域
  • 姿勢・運動パターン
  • 部分的な身体の状態(欠損、アライメントなど)
  • 耐久性
  • 感覚・知覚
  • 精神機能
  • 認知機能

活動(生活レベル)

  • 日常生活動作(ADL)
  • 日常生活関連動作(IADL)
  • 余暇活動(できる活動・している活動)

参加(人生レベル)

  • 社会参加
  • 仕事
  • 家庭内の役割
  • 地域活動への参加
  • 政治活動への参加

環境因子

  • 人的環境(家族、友人、仕事の仲間など)
  • 物的環境(建物、場所、公共交通機関、福祉用具など)
  • 制度的な環境(医療・介護保険、年金、生活保護など)

個人因子(個人の尊重)

  • 年齢
  • 性別
  • 生活歴(職歴、学歴、家族歴、病前の生活など)
  • 価値観
  • 趣味、特技
  • 嗜好品



関節可動域訓練とICF

身体機能へのアプローチの流れ

  1. ICFで全体像を把握
  2. 目標(活動・参加)を明確にする
  3. 日々の活動・参加に必要な機能を明確にする
  4. 参加・活動へのつながりを考慮して関節可動域訓練を実施する

ICFの活用例

例)意思発動が乏しい寝たきりの方への介入

このような方に拘縮予防という名目で他動運動での関節可動域訓練を繰り返していませんか?

他動運動を繰り返すだけでは可動域が維持できても、筋力低下が防げていないので、自立支援とは言えないのではないでしょうか?

ICFを使用した場合

①参加

日中臥床状態

②活動

  • プラス:ギャッジ座位が幾分可能
  • マイナス:食事全介助、排泄全介助(オムツ)

③心身機能・身体構造

  • プラス:自発呼吸可能、座位保持に必要な関節可動域
  • マイナス:手指屈曲拘縮、膝屈曲拘縮、足関節背屈制限、自発的な運動困難

心身機能・身体構造のマイナスだけを見ると遠位部の拘縮予防に重点をおいてしまいそうですが、プラスを見るとどうでしょうか?

日中、離床して車椅子座位で過ごすことを目指したくなりませんか…

関節可動域訓練では随意運動が難しい場合、他動運動になりますが、不随意筋の働きを考えて実施すると筋力強化が可能です。

手指の拘縮の場合、手指だけを動かすと完全な他動運動ですが、手掌の手内在筋が活性化するように動かすと筋収縮が起こります。

更に筋は連動して働くので体幹、四肢近位部からのつながりを考えることも重要になります。