自費リハビリ起業 PR

自費リハビリ・整体のホームページ作成!SEO対策とMEO対策について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サービスの利用を検討する場合、多くの方がホームページで事前に情報収集を行いますので、ホームページを持つことは、事業を行う上で必須とも言えます。

ホームページ作成や運営で悩んでいる方におすすめのツール、記載事項、SEO対策をお伝えしたいと思います。

ホームページ作成のおすすめツール

事業開始時は無料ツールでとりあえず作成するのもいいですが、できればSEOに強い有料のツールで情報発信することをおすすめします。

無料ツール

無料でホームページを作成できるツールはたくさんありますが、Wix、ペライチ、Jimdoが人気です。

Wix

Wixは、操作が簡単でドロップとドラッグで好きなレイアウトを作成できます。

Wixブッキングという無料で使えるネット予約システムがあります。

無料のプランでは、Wixの広告が表示され、独自ドメインも使用できません。

ペライチ

ペライチはテンプレートデザインが豊富で簡単にホームページが作成できます。

無料のプランではペライチの広告が表示され、独自ドメインも使用でないのでライトプラン以上で使用する方がおすすめです。

ペライチのビジネスプラン(税込み3,940円)はネット予約やメルマガ配信の機能もあります。(1ヵ月間無料お試しあり)

Jimdo(ジンドゥー)

Jimdoはシンプルで高級感があるホームページを作成したい人向けのツールです。

無料プランは、Jimdoの広告が表示され、サブドメイン上(○○.jimdosite.com)での運用になります。

有料ツール

WordPress(ワードプレス)

操作に慣れるまで大変ですが、有料のツールはWordPressがおすすめです。

WordPressを使うには、有料でレンタルサーバーの契約とドメイン取得をする必要があります。

レンタルサーバーやドメイン取得は、WordPressのインストールまで簡単にできるエックスサーバーかConoHa WINGがおすすめです。

エックスサーバーは約20年の運用実績があり、WardPressリカバリーという不正アクセスなどのトラブルをワンクリックで解決する機能があります。

ConoHa WINGは表示速度が国内最速、ワードプレス簡単セットアップ機能により初心者でも10分程度でワードプレスを開設できます。

ホームページに記載する項目

ホームページに記載する事項は必要最低限に留め、文字数もできるだけ少なくまとまとめる方が見栄えの良いホームページになると思います。

  • メイン画像とキャッチコピー
  • お店の簡単な紹介文
  • 自己紹介
  • サービス内容と料金
  • 予約方法
  • 営業日時
  • 住所と電話番号
  • アクセス(地図や駐車場の有無)

使用禁止用語

自費リハビリは「医療行為」ではなく「医療類似行為」になりますので、医療用語を使用することは違反になります。

リハビリテーションは医療用語ですが、リハビリは一般用語とされているので使用できます。

理学療法、作業療法、言語聴覚療法は医師の指示のもとに行う医療行為なので使用できませんが、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の有資格者であることは名乗ることができます。

  • 治療
  • 治す
  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚療法
  • リハビリテーション
  • 治療院やクリニックという名称

ワードプレスのSEO対策

無料ツールでは提供している企業によりある程度SEO対策がされていると思います。ここでは、ワードプレスでホームページを作成した場合のSEO対策についてお伝えします。

SEOとは検索エンジン最適化の略称で、検索エンジンにおいて特定のウェブサイトが上位に表示されるように、サイトの構成などを調整することです。

まずやるべきSEO対策

  • Google XML Sitemaps(プラグイン)でサイトマップを作成する
  • Site Kit by Google(プラグイン)でGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールに登録する
  • W3 Total Cache(プラグイン)でサイトを高速化させる

コツコツやるべきSEO対策

Googleは、ユーザーにとって有益な情報を提供する「高品質なサイト」を上位に表示させるとしています。

つまり、ブログを書いて有益な情報を提供しているサイトほど高品質なサイトになります。

事業に関連したブログを書き、利用者に有益な情報を提供するのが良いと思います。

GoogleマイビジネスのMEO対策

事業所が検索エンジンで上位検索されるためには、Googleマイビジネスの設定も重要なので、合わせてお伝えします。

MEOとはマップエンジン最適化の略称で、Googleマイビジネスで上位検索されるように対策することです。Googleで検索した際に、上位3件に入ることでネット上での露出が増えます。

MEO対策の手順

  1. Googleマイビジネスに登録
  2. Googleマイビジネスの情報を整える
  3. ホームページなど他の媒体でネット上の掲載を増やす
  4. Googleマイビジネスの口コミを増やす

ビジネスの情報を整える

Googleマイビジネスは整合性が大切で、登録住所とネット上に掲載される住所が異なると検索順位が下がります。

数字やハイフンの半角・全角、ハイフンと丁目などが異なっていないかを確認しましょう。

住所の確認方法

①パソコンからGoogleマイビジネスにログイン

②左上のメインメニューを開く

  • 一番上の店舗名と一緒に記載されているのが登録住所
  • メインメニューから情報を開いて変更できるのが掲載される住所
自費リハビリのマーケティング!費用を抑えて認知度向上 自費リハビリを本業として開始すると、事業の存在を知ってもらうためにあらゆる宣伝をする必要があります。 宣伝方法は様々ありますが、...

まとめ

検索サイトで表示されやすくするためのSEOとMEOの対策を簡単にまとめてみました。

私のホームページはワードプレス(テーマJIN)、レンタルサーバーはエックスサーバーのX10プラン(36か月契約で月額990円)、ドメインはエックスサーバードメインで取得しています。

ホームページを運営する際に参考にしてみて下さい。

\個人事業主におすすめ/

✓登録料や月額利用料は不要
✓仕事中の事故や情報漏洩などを補償
✓怪我や病気のときの所得補償(有料)

セラピスト
セラピスト
訪問時の物損に備え、無料のあんしん補償に加入しました。

あんしん補償プランはこちら

関連記事