自費リハビリ起業 PR

自費リハビリの立地や店舗!立地が関係ない理由

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

自費リハビリの立地を考えた場合、少しでも便利な場所を考えるかと思います。

便利な場所に店舗を構えると多くの方に利用していただる気がしますが、本当にそうでしょうか?

私は立地が集客に影響しないと思っているので、その理由についても述べてみます。

立地について

商業地域と住宅地のメリット・デメリットを比較してみます。

商業地域

メリット

  • 交通の便が良く様々な手段で来店できる
  • 人通りが多いので店の存在を知ってもらえる

デメリット

  • 接骨院や整体などの同業者が多い
  • 家賃や駐車場が高い

住宅地や住宅地に近い場所

メリット

  • 家賃や駐車場が商業地域より安い

デメリット

  • 店の存在を知ってもらいにくい
  • 場所が分かりにくい場合がある
  • 交通の便が悪い場合がある
  • 騒音など近隣の方に迷惑になる場合がある

立地は関係ない

私はできるだけ家賃を安くして、口コミが広まるまで待つことが重要だと考えています。

人里離れたような場所では集客が難しいかもしれませんが、車で行けて駐車場があれば問題ないです。

立地が関係ない理由

  • 利用者の多くは場所ではなく技術で選ぶ
  • 家賃が安い方が料金を安く設定できる
  • リピーターが増えると目立つ場所でも意味がない

店舗の設備について

立地良くても店舗の使い勝手が悪いと利用することをためらいます。

自費リハビリでは、体が不自由な方が来ることを前提に店舗の環境を整えます。

自宅兼店舗の場合は、特にトイレの使い勝手を考える必要があります。

不便な店舗とは?

  • お店の近くに駐車場がない
  • 場所が一階ではなく階段で昇る必要がある
  • 和式トイレ
  • トイレまでの動線が悪い

自費リハビリのはじめの一歩!コストをかけない開業手段について 自費リハビリを始めたいけど、どうやって始めていいかを悩んでいませんか? 店舗を借りて始めるという方もおられるかもしれませんが、資...

まとめ

私は住宅地で自宅兼店舗ですが、車で30分~1時間ぐらいかけて来店される方も多いです。

利用者の多くはリピーターで、新規は全く受け入れられない状況です。

自費リハビリや整体のような業種は、自ら宣伝するよりも利用された方の口コミが重要なので、立地よりサービス内容を重視する方が良いと思います。

\個人事業主におすすめ/

✓登録料や月額利用料は不要
✓仕事中の事故や情報漏洩などを補償
✓怪我や病気のときの所得補償(有料)

セラピスト
セラピスト
訪問時の物損に備え、無料のあんしん補償に加入しました。

あんしん補償プランはこちら

関連記事