副業・起業

店舗の場所は重要?自費リハビリの立地や店舗について

自費リハビリで店舗を持つ場合、少しでも良い場所で始めたいのではないかと思います。

人通りの多い場所の方が、多くの方に知ってもらいやすいですが、家賃が高いというデメリットもあります。

私自身は立地はあまり関係ないと思っているので、その理由についても述べてみます。

立地について

いい立地とはわかりやすい場所、行きやすい場所、知ってもらいやすい場所のことを指すかと思います。

事業開始時の新規利用者が必要なときは、目立つ場所の方が有利かもしれませんが、リピーターが増えると新規利用者はあまり取れなくなります。

店舗を借りる場合は、便利な場所ほど家賃や駐車場が高いので、将来的なことも考えて選ぶ必要があります。

商業地域

メリット

  • 交通の便が良く様々な手段で来店できる
  • 人通りが多いので店の存在を知ってもらえる

デメリット

  • 自費リハビリの場合、接骨院や整体のように気軽に立ち寄る方は少ない
  • 接骨院や整体などの同業者が多い
  • 家賃や駐車場が高い

住宅地や住宅地に近い場所

メリット

  • 家賃や駐車場が商業地域より安い

デメリット

  • 人通りが少ないので店の存在を知ってもらうのに時間がかかる
  • 場所が分かりにくい場合がある
  • 交通の便が悪い場合がある
  • 騒音など近隣の方に迷惑になる場合がある

店舗について

いい立地であっても、店舗の使い勝手が悪いと利用することをためらいます。

自費リハビリでは、体が不自由な方が来ることを前提に店舗の環境を整えます。

自宅兼店舗の場合は、特にトイレの使い勝手を考える必要があります。

不便な店舗とは?

  • お店の近くに駐車場がない
  • 場所が一階ではなく階段で昇る必要がある
  • 和式トイレ
  • トイレまでの動線が悪い

自費リハビリのはじめの一歩!コストをかけない開業手段について 自費リハビリを始めたいけど、どうやって始めていいかを悩んでいませんか? 店舗を借りて始めるという方もおられるかもしれませんが、資...

まとめ

人里離れたような場所では集客が難しいですが、 最近はカーナビやGoogleストリートビューなどがあるので 、車で行けて駐車できる場所があれば問題ないと思います。

個人の自費リハビリでは、新規利用者よりもリピーターが増えてくるので、固定費を抑えて利用料金を低めに設定する方が親切に思えます。

私は住宅地で自宅兼店舗ですが、車で30分~1時間ぐらいかけて来店される方が多く、立地よりもサービスの独自性が大切なように感じています。

関連記事