セルフケア PR

脳卒中片麻痺(上肢)の自宅でできるリハビリ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は片麻痺の上肢機能(肩・肘関節)の評価とリハビリ方法についてまとめてみます。

監修:西本 武史(医師・医学博士)
介護医療院グリーン三条施設長。広島大学医学部卒業後、脳神経外科医(脳神経外科専門医・脳卒中認定医)として急性期病院20年、回復期病院6年勤務。国立がんセンター研究所で2年半研究に従事。

片麻痺(上肢)について

片麻痺の回復は表面のアウターマッスルからはじまり、回復するにつれて中にあるインナーマッスルが働くようになります。

はじめに動かしやすくなるアウターマッスルとは反射が起こりやすい筋肉(神経伝達が速い筋肉)です。

反射が起こりやすい筋肉は意図的に力を入れやすい反面、力の加減が難しいという特性もあります。

そのためアウターマッスルを使った運動ばかりをしていると手足の震え、突っ張り、痛みの原因になります。

インナーマッスルが働くことで力の加減ができるようになりますが、そのためには関節が動く感覚をしっかり脳に伝えることが重要とされています。

図のように片麻痺の回復は通常の筋力UPとは異なりますので、状態に応じた運動が必要です。

麻痺の評価(ブルンストロームステージ)

片麻痺の評価として日本で最も使われているブルンストロームステージについてご紹介します。

この評価は麻痺の状態を6段階で判定します。

評価に使われている運動は回復段階になるので自主トレーニングとしても有効です。

ステージⅠ:弛緩麻痺

開始肢位:背臥位で麻痺側の肩関節外転・外旋位で指先を同側の耳に近づけた位置。

テスト:麻痺側の肩関節外転・外旋位で健側の肘関節伸展に抵抗を加え、麻痺側の大胸筋の収縮を確認する。

判定:収縮なし→ステージⅠ、収縮あり→ステージⅡ-1

ステージⅡ:痙性発現期

開始肢位:ステージⅠと同じ

テスト:麻痺側の手を対側の腰へ伸ばすように指示して大胸筋の収縮を確認する。

判定:収縮あり→ステージⅡ-2

ステージⅢ:痙性期

①伸展共同運動

テスト:ステージⅡと同じように指示して運動を確認する。

判定:臍の下へ手が伸ばせる

②屈曲共同運動

開始肢位:座位で麻痺側の上肢を健側の腰へ伸ばした状態。

テスト:麻痺側上肢を対側の腰から同側の耳まで持っていくように指示して屈曲共同運動を確認する。

判定:乳頭の上まで上肢を挙上

ステージⅣ:痙性減弱期

3つのテストがいくつできたかでⅣ-1、Ⅳ-2かを評価する。

①肩関節内旋

テスト:座位、麻痺側上肢を背中へ回す。

判定:脊柱より5㎝以内のところへ手が届く。

②肩関節屈曲

テスト:座位、肘関節屈曲20°以内で麻痺側の肩関節を屈曲する。

判定:肩関節屈曲60°以上

③前腕回内

テスト:座位、肘関節90°屈曲位、肘を身体に付けた状態で前腕を回内する。

判定:前腕回内50°以上

ステージⅤ:痙性減弱期

3つのテストがいくつできたかでⅤ-1、Ⅴ-2、Ⅴ-3かを評価する。

①肩関節外転

テスト:座位、肘関節伸展位で肩関節を外転する。

判定:肩関節外転60°以上

②肩関節屈曲

テスト:座位、肘関節伸展位で肩関節屈曲。

判定:肩関節屈曲130°以上

③前腕回外

テスト:座位、肘関節伸展、肩関節90°屈曲位で前腕回外。

判定:前腕回外50°以上

ステージⅥ:痙性最小期

2つのスピードテストで評価し、どちらか1つでもできればステージⅥになる。(所要時間は健側の1.5倍以内)

①肩関節挙上テスト

指先を同側の肩につけて真上に挙げる運動を10回繰り返す。

肩関節外転テスト

肩関節を外転90°まで挙げる運動を10回繰り返す。

自宅でできるリハビリ

日常生活動作

食事

食事の際、麻痺側の手をテーブルの上に置く又は食器を持つ。

立ち上がり

立ち上がりの際、両手を組む又は麻痺側の手を持つ。

トレーニング

肘の曲げ伸ばし

両手を組んで脇は閉じた状態で、肘をゆっくり曲げ伸ばしする。

両手を挙げる

両手を組んで肘を曲げた状態から、真上に向かって腕を挙げる。

テーブルを拭く

タオルの上に両手を重ね、できるだけ麻痺側の力を使って前後、左右、円を描くようにゆっくりテーブルを拭く。

まとめ

片麻痺の上肢機能の評価とリハビリ方法について簡単にまとめてみました。

もっと詳しく知りたい方のために、おすすめの書籍も紹介しておきます。

\専門書よりお得に学べる/

✓定額見放題
✓自宅で臨床の悩みを解決
✓ダウンロードでオフライン再生可能

 

関連記事